ads linkedin デバイスがハングした場合、ファームウェアを再起動または更新する方法 | Anviz グローバル

デバイスが動かなくなったときにデバイスを再起動する方法またはファームウェアを更新する方法


これは詳細なガイドです デバイスが動かなくなった場合に最初にできること.

すべての Linux プラットフォーム ベース Anviz デバイスにはデバッグ モードがあります。 デバイスが動かなくなった場合 電源を入れたり切ったりしません'助けて、 デバイスを再起動してファームウェアを更新するだけでなく、データのバックアップと回復データもデバッグ モードに入ることを試みることができます。

Linux プラットフォーム ベース Anviz デバイス: FaceDeep シリーズ/ FacePass シリーズ/W1 Pro/W2 Pro/VF30 Pro/EP300 プロ/...

FaceDeep シリーズとFacePassシリーズ、 デバッグモードに入る手順は次のとおりです。

Step1. デバイスの電源をオフにします。
Step2配線を差し込み、XNUMX本のワイヤを接続します ラベルに従って一緒に。 XNUMX 本のワイヤは Open、D/M および GND、または D/S、D/M および GND です。 (例 FaceDeep 3)

ネットワークDC12v

Step3. 電源にアクセスします。

Step4. 終わり! 画面が表示されます。
anviz IPポート

正常にデバッグ モードに入りました。 必要な番号を押すことができます。


その他の Linux プラットフォーム ベースのデバイスの場合、 デバッグモードに入る手順は次のとおりです。
Step1デバイスの電源を切ってください。
Step2. 電源にアクセスし、キーボードの「1」をクリックし続けます 画面ができるまで。
2を押してデータベースをバックアップします
Step3。 できた!
正常にデバッグ モードに入りました。 必要な番号を押すことができます。




まだ助けが必要ですか?
  
      1.その他についての回答が得られる場合があります Anviz デバイスはここにあります。 ここをクリック(Anviz よくあるお問い合わせ).
      2さらにサポートが必要な場合は、ここからチケットを送信してください(トラブルチケットを送信) またはコミュニティにメッセージを残してください(コミュニティ。anviz.COM).                                                           
                                                                                                                                                 Anviz テクニカルサポートチーム